女の人

紫外線はお肌の大敵

看護師

紫外線はお肌の大敵

女性は誰しもいつまでも美しい肌でいたいと願っています。しかし、若い頃とは違い、年齢を重ねるごとに様々な肌のトラブルに悩まされるのが現状です。若い頃は、肌の油分が多いため突然現れるニキビに悩まされることの方が多いでしょう。年齢を重ねるごとに乾燥肌に悩まされ、年月が経つたびに自分の肌質が変わったために、肌のトラブルの種類も違ってくることに戸惑う人が多いです。特に、30歳を過ぎたあたりから突然見たこともないシミが出現してしまったという人も少なくありません。人によってできる場所や大きさ、数は違いますが、出来ることはコンシーラーやファンデーションで隠すことだけだと諦めてしまう人がほとんどです。しかし、放っておくとどんどん濃くなってしまって悩みが増えるばかりです。対処法として、まず専用の化粧品に変えてみようと考える人がいます。確かに、若い頃と同じ基礎化粧品を使っていても肌質に合っていない場合が多いため、年齢に合った化粧品を使用することは大切なことです。しかし、直接的にシミを薄くする、または無くすことは難しいのが現状です。そのため、シミが出来てなんとかしたいと思ったら、まずは皮膚科に行くことをおすすめします。皮膚科は、様々な肌のトラブルに対応できる肌のプロフェッショナルです。悩んでいても消えないシミのことも相談して、適切な治療法によって解決してもらいましょう。また、シミには種類によって適切な治療法も違うため、自己判断で市販の専用の化粧品など使っていてもなかなか効果が出にくい場合があります。そのため、一度皮膚科で自分のシミの種類を診断してもらうことも大切です。その上で、皮膚科で処方するビタミン剤を内服したり、外用薬を出してもらったり、自分にあった治療法で治療していくことが大切です。しかし、やはり一番即効性があり効果が出やすいのはレーザー治療法です。これは、あきらかに治療後に結果が目に見えるためとてもおすすめです。それと併用してビタミン剤を服用してシミの出来にくい肌を維持していくことが大切です。消えたからといっておしまいではなく、その後の対策をしていくことはとても大切です。シミの種類には、老人性色素斑やそばかす、太田母斑など他にもいくつか種類がありますが、その原因のほとんどが紫外線が関係しています。老人性色素斑は、老化現象によるもので、若い頃に浴びた紫外線が原因で皮膚のメラニン細胞が活性化し、過剰にメラニンが作られることによりシミになってしまうというものです。そばかすは、子供の頃にでき始め、思春期頃には濃くなってあとはだんだん薄くなります。遺伝的な要素もありますが、紫外線に影響されることも多く、浴びすぎると増え過ぎたり濃くなったりします。いずれも、紫外線はシミに大きく関係しています。そのため、日常生活でできるだけ紫外線を浴びないように心掛けることが最も予防につながります。日頃から日焼け止めを塗る習慣をつけたり、帽子を被ったりと予防していくことがとても大切です。また、紫外線を浴びてしまった肌に良いとされているビタミンを多く含んだフルーツを食べたり、ビタミンを積極的に体に入れたりすることをおすすめします。